ひなた食堂

子どもたちに「次、何しよ?」と聞くと、答えはいつも「から揚げ!」。
どの学年の子に聞いてもやっぱり「から揚げ」。

「から揚げって6月もそうやったやん」と返しても、やっぱり「から揚げ」。
ほんとにみんな、「から揚げ」大好きなんですね。


そういう子どもたちのリクエストに応えて、10月はメインを「炊込みご飯」に、付け合わせとして「から揚げ」、そして、カボチャの煮物に、お吸いもの。
デザートは、今が旬のあま~い柿とりんごに決まり。

予定していたのは炊飯器を2つ使って、炊き込みご飯1升2合と思っていたのですが、炊込みご飯モードだと6合+3合の9合しか炊けないことが分かり大慌て(◎_◎;)。

思った通りお釜はあっという間に空っぽかと思いきや、お釜の底には遠慮の塊が少々。


「おばちゃんら分もちょっと残しておいたろ」という気持ちの現れ⁉みたいなものを感じてしまいました。

来月は遠慮なくお腹いっぱいになってもらえるよう、おばちゃん頑張りますよ!

Follow me!

前の記事

赤い羽根共同募金

次の記事

外食(丸政)